〒173-0036 東京都板橋区向原2-4-2
  • 特大
  • 大
  • 標準

症例報告(軟部外科)

停留睾丸

胎生期に睾丸は腹腔内にありますが、徐々に下行し出生する頃には陰嚢内に収まります。
停留睾丸では、睾丸が陰嚢まで下行せず腹腔内や皮下織に留まってしまい熱に弱い精巣の細胞は萎縮し、さらにこの状態を放置すると睾丸が腫瘍になる確率が非常に高くなります。
精巣腫瘍を防ぐには、腫瘍になる前に停留睾丸を摘出する必要があります。

腹腔内の停留睾丸は、その停留している場所をエコー検査で術前に特定しますが、トイ犬種の場合睾丸が小さくエコー検査では、確認できないことがあります。この場合、停留睾丸の場所を探すため通常の開腹手術では、術創がかなり大きくなり手術侵襲が大きく、術後の痛みも強くなります。そこで腹腔鏡を使用することにより、小さな術創で睾丸を摘出できます。